スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54まいでっきってどーなの?つおいの?

今回のテーマはコーポのデッキ枚数です。

ルールをおさらいすると

40~44枚18,19アジェンダポイント
45~49枚20,21アジェンダポイント
50~54枚22,23アジェンダポイント
55~59枚24,25アジェンダポイント
以降5枚につき2点

となってます。

基本的に枚数が増えれば増えるほどアジェンダが入ってる比率は低くなるようになってます。

コーポはR&Dからアジェンダがめくれるのは
自分のプレイングで干渉できないので避けたい事象なんですが
デッキの枚数が多ければ多いほどその確率は減ります。

最近はカードリストも増えてきて有用なカードを全部入れようとしたら49枚じゃたりないこともしばしばあると思います。

まぁ最近は49か54のどっちかが多いと思います。

枚数が増えれば増えるほどプレイングは難しくなるはずなので54枚にするメリット、デメリットがわからないうちは49で組んだ方がいいと思います

以下54枚で組んだ時に49枚で組んだ時と比べて発生するメリット、デメリット

メリット
より多種多様なカードを入れることができるので、色んな局面に対応できるようになる
アジェンダの密度が下がる
デッキ切れしにくくなる

デメリット
必要なカードが引きづらくなる
影響値が相対的に薄くなる

こんなところか

まぁデッキコンセプト次第だよね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりっる (RuriPHILO)

Author:るりっる (RuriPHILO)
柏木とか身内とかSkypeでAndroid Netrunnerやってます。
主に戦術、戦略の話とかカードの考察等をメインに"日本語で"書いていきたいです。
きまぐれなんで更新頻度は多分低め。

2014 3月 新宿store champion ship優勝
2014 5月 東京regional優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。